web墨滴

こちらは立教大学書道研究会presents Web墨滴です。

素敵な先生

はじめまして!


文学部英米文学専修の日野安奈です。

特にこれといったあだ名がないので安奈と呼んでください!



趣味は洋楽を聴くことです。

その中でも特にエド・シーランが好きなのですが、4月に来日していた時は残念ながらライブに行けなかったので次来日した時は絶対行きたいです。


あと、祖母の影響を受けて編み物が好きです。最近はあまりやってないのですが、中高生の時は気に入った色の毛糸を見つけてかぎ針でブランケットやコースターなどを作っていました。



さて、フリートークということで、私の習字の先生について話したいと思います!


私は、兄が習っていたという理由で書道を始めました。5歳から始めたのですが、じっと静かに座っていなきゃいけないし墨で汚さないように注意を払わなくてはならないし大変だな思っていたのですが、先生がとても良い方で、続けていくにつれて好きになっていました。


もうすぐ86歳になるおばあちゃん先生ですが、戦前や戦争中の体験、お花やお茶についての知識や出身の京都のお祭りの様子についてなど、いつも興味深い内容を教えてくださいます。


お稽古の後に毎回お昼ご飯をご馳走してくださったり、誕生日も毎年祝って頂いたり、受験生の時には「これ食べてお勉強頑張ってね」とおにぎりを作って頂いたり、お守りを買ってきてくださいました。

本当に本当に優しい方です!


また、四季折々の行事にも熱心でいらっしゃり、季節ごとの飾り物がとても綺麗に並んでいます。夏だとうちわや短冊、お正月には羽子板を用意してくださり皆で字や絵を書いたり、一緒にお月見団子を作ったりもします。


忙しい時でも、先生のお稽古の間は流れる時間が違うようで、楽しくゆったりと書くことができ、その空気感がすごく好きです。


私は一つのことをコツコツと続けるのが割と苦手な方ですが、その私がこんなに長くお稽古を続けられているのも先生に恵まれたからだと思います。私も将来先生のような素敵な大人になりたいなと常々思います。



最後に告知となりますが、みなさん熱心に作品を書いていらっしゃったので是非いらしてください!


【第4回紫陽展】

会期:6月22日(金)10時半~20時

           6月23日(土)10時~17時


場所:立教大学池袋キャンパス

           ウィリアムズホール4階スタジオ