web墨滴

こちらは立教大学書道研究会presents Web墨滴です。

書道展まであと22日!

f:id:ritsudaisyoken:20171102101506j:plain経済学部3年の牧元と申します🐑🐑🐑

もうすぐ引退ですが、56期代表を務めさせて

頂いてます。現在一人旅中で、このブログは

九州のとある地方の電車内で書いてます。

日は海と温泉とお祭りを満喫してこようと思

います〜


さて、いよいよ今月は第56回書道展です!テ

ーマは「温故創新」です。詳しい情報は下に

貼り付けますので、みなさんどうか最後までお付き合い下さい。


昨日突然ブログの依頼をされたので正直何を

書いてよいのやら、、という感じですが。せ

っかくなので展覧会のテーマに沿った感じで

つらつらと書き進めようと思います。


毎度お馴染みのポストカードですが、紫陽展

に引き続き、今回もデザインを担当させて頂

きました。書道と関係なくね?という感じた

方もいらっしゃるかもなので、ここで解説を

します。

温故創新」というテーマを聞いた時、ある

言葉が思い浮かびました。

「伝統とは、根底にある思想は変えず、時代に沿って在り方を変えていくものだ。」

うろ覚えで、誰の言葉なのかは忘れたしまっ

たのですが、これを初めて聞いた時凄く腑に

落ちたことははっきりと覚えてます。単に古

い慣習を踏襲しただけでは生き残れない、時

代に沿って在り方を変えていく。でも、芯に

となる大事な部分だけはしっかりと受け継い

ぐ。…ってことなのかなあと思います。


ポストカードの写真は宮崎県の振徳堂という

飫肥藩の藩校で小村寿太郎などを輩出して

いるところです。激動の時代の中、新しいも

のを創り出してきた彼らですが、皆どこかに

古き良き日本男児の魂があって、そのルーツ

は幼少期に藩校にて紙と筆で学んだことなの

です。このことがテーマとリンクしてるので

は、と思い、今回このようなデザインにさせ

て頂きました。


現役最後の展覧会、準備は確かに大変ですが

めちゃくちゃ楽しみにしてます。皆さんもぜ

ひ遊びにきて下さいね♪ではでは(・ω・)ノシ


【第56回書道展】

<会期>

2017年11月24日(金) 12:00〜17:00

                    25日(土) 10:00〜17:00

                    26日(日)10:00〜15:00

<会場>

目黒区民ギャラリー

<アクセス>

〇目黒駅より徒歩10分

中目黒駅より徒歩20分

〇東急バス・都営バス権之助坂停留所より徒歩5分

〇東急バス田道小学校入口停留所より3分